読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natsu life

娘・家族・仕事。大切なものをもっと大切にしたい。お母さんエンジニアの思うこと。

家事育児の効率化と諦め

1日24時間、1年は365日。母親だろうとなかろうと、仕事をしていようといまいと、与えられている時間は皆同じ。最近、圧倒的に時間が足りないと感じることが多く、日々のタイムスケジュールを振り返ってみました。 駈けぬける毎日 24時間の内訳を確認してみた…

育児における「立ち直る力」

Facebookのシェリル・サンドバーグCOOが、カリフォルニア大学の卒業式で語ったという、夫の死から得た立ち直るために避けるべきことに、強く共感しました。www.buzzfeed.com最愛の人を突然失うその悲しみを、幸いにも私はまだ知りません。その悲しみに比べた…

入園式を終えて

今日、娘の入園式を終えました。昨日の夜までは、3年間通った保育園のお世話になり、間髪入れずの入園式。準備含めて本当に大変でしたが、どうにか無事に園生活をスタートさせらそうでほっとしています。ちょうど半年ほど前に色々とあり、娘の幼稚園進級(脱…

子ども包丁との出会い

娘が3歳半を過ぎ、いよいよ包丁に興味を持つようになりました。遠ざけていても仕方ない。覚悟を決めて、いざチャレンジ。 小さければ安全か? とは言え、やはり勇気がいるものですね。最初は自宅にあった1番小さい果物ナイフを渡しました。刃渡ほんの数セン…

食品添加物について思うこと

食品添加物。色々なところでテーマになりますね。特に小さい子どもがいると、気になる話題です。かくいう私も、できる限り食品添加物は避けています。自炊するときは。平日は1日2回、休みの日は3回、食事の支度は結構な重労働なので手抜きも必要です。気分転…

がまん

日記です。今朝のこと。登園時、少し遠回りして大好きなお花屋さんの前を通っていきたい娘。しかしその少し先には工事をしている場所があり、今朝はすでに工事車両が何台か見えていました。車の通りも結構多く、しかも坂道で見通しも悪い。その上工事車両が…

日めくりカレンダーで日にちと曜日の概念を身につける

最近、日めくりカレンダーをめくるのは娘の仕事になりました。3歳を少し過ぎた頃は、まだカレンダーの意味をなかなか理解してくれず、めくりすぎてしまうこともしょっちゅう。カレンダーとしての機能をあまり果たしていませんでした。それが、何ヶ月か続ける…

【書評】新・子どもに食べさせたいおやつ 〜 簡単に手作りするためのヒントがたくさん詰まった一冊

平日、夕方まで保育園にいる娘は、家でおやつを食べる機会が週末しかありません。お菓子を買ったところで少し食べては残って古くなってしまうことが多く、そのうちほとんど買わなくなりました。最近では週末のおやつは自給自足。食べたければ一緒に作ろうよ…

徒歩通園を楽しむための工夫

娘(3歳)が徒歩で保育園に通園するようになり、もうすぐ1年が経とうとしています。それまではベビーカーを使っていましたが、帰りは歩きたいと言うことが増え、結果的にベビーカーが邪魔になってしまったため徒歩通園に踏み切りました。時期としては、少し…

子どものための食器選び〜離乳食開始から幼児まで〜

もうすぐ離乳食を始めようとしている友人がいます。娘と私が離乳食を始めたのは3年前、あれからまだたった3年しか経っていないのに、今では何でももりもり食べる食いしん坊に育っています。初めての離乳食は毎日が試行錯誤の連続でした。そんなことを懐かし…

朝の支度に持ち物カードを導入

ことの発端は私の忘れ物でした。夏場は保育園でもプールに入ったり、そうでなくても汗をかいたらシャワーを浴びたりするため、タオルを持参します。ある日うっかりタオルを忘れてしまい、娘に泣かれました。先生方は忘れ物には寛大で、園で用意してある予備…

子どもの成長を動画で楽しむためのアプリ omoide

子どもの成長は早い。気づけばどんどん変化していきます。簡単に成長を残せるのが動画です。日常のちょっとしたシーンを手元のiPhoneなどで撮影することも多いのではないでしょうか。せっかく撮った動画、BGMを付けたりタイトルを入れたりとちょっとした工夫…

ドラム式洗濯機の事故防止を考える

ドラム式洗濯機の洗濯槽に閉じ込められるという事故が相次いでいます。それをうけ、こんな記事を見かけました。「これ以上何をすれば……」 ドラム式洗濯機の安全策、決定打なく 子供の窒息死に消費者から不安の声殺到 (1/4)www.itmedia.co.jp「子どもの窒息死…

手洗い習慣の助っ人

急に暑くなってきて、食中毒が気になる季節がやってきました。冬はインフルエンザ、夏は食中毒となかなか気が抜けません。食中毒にせよインフルエンザにせよ、その予防として重要なのが手洗い。手洗い・うがいは小さいうちから是非とも身につけてほしい習慣…

小児科医から学んだ信頼関係の築き方

先日娘が高熱を出し、かかりつけ医を受診したときのこと。聴診から始まり喉、耳を見て、最後に念のためとインフルエンザの検査。いつも通りの流れです。聴診では平静を装っていた娘も、喉を見る段階で恐怖心が高まったのか大泣き。最後のインフルエンザ検査…

嫌なことを嫌と言える環境

小さい子供というのは、自分ではうまく鼻がかめません。風邪をひいたりすると小児科や耳鼻科で鼻水を吸ってもらうのですが、多くの子供はこれを壮絶に嫌がります。先日、こんな記事を見かけました。「イヤだったね」は悲しい…子どもへの声かけが共感できる!…

遊園地より近くの公園

今日、心打たれる記事を読みました。親の勘違い〜子どもが本当に求めていたもの - スズコ、考える。 親の勘違い〜子どもが本当に求めていたもの - スズコ、考える。一言でまとめれば、子どもたちが求めているのはイベント的おでかけではなくて、もっともっと…

怒らない生活

月曜日、あまりの朝のバタバタと、イライラを家族に振りまいている自分に心底嫌気がさし、翌日から「怒らない生活」を始めました。生活パターンを見直したり、改善すべきことは色々ありますが、何よりもまず自分が冷静になろうと思った次第です。先日書いた…

イライラせずに子どもに急いでもらうための協力要請

平日の朝。とにかく子どもを保育園に連れて行かないことには何も始まらない。けれど、そんなに簡単なものではありません。起きない・食べ終わらない・着替えない・テレビに夢中・道中脱線園児を抱える家庭では、誰もが経験したことのある悩みではないかと思…

【書評】いつもより優しい気持ちで過ごせるようになった一冊

現在、Kindleストアで中経出版の電子書籍が大セール中です。 Amazon.co.jp: 中経出版_60%OFF大規模セール: Kindleストアあまりの安さに勢いで何冊か買ったのですが、その中で素敵な1冊に出会えたのでご紹介。0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子…

はじめての音読

初めての言葉を口にしてからおよそ1年8ヶ月。ついに娘が音読を始めました。ひらがなやアルファベット、数字など「文字」を単独で認識するようになったもはもう少し前のことでしたが、それらを連続して「読む」という行動になかなか繋がらずにいました。それ…

子どもが発する『見て』の真意

少し前に、次の記事が多くの方にシェアされ、私の目にも何度もとまりました。【ちゃんと気づいて抱きしめてあげたい!】意外なかたちで表れている子どもたちのSOS | 学びの育み方 【ちゃんと気づいて抱きしめてあげたい!】意外なかたちで表れている子どもた…

子どもにとって1番のお医者さん

気をつけてはいたけれど、娘がインフルエンザにかかりました。元々風邪気味で咳や鼻水が徐々に気になりだしてきた頃、保育園でも今年第1号のインフルエンザっ子が出たと聞き気にはしていました。そんな矢先の先週水曜日、いつも通りのお迎え。本人は元気もよ…

グルメレポート

語彙が少ないながらもなかなかの表現力を持つ娘が、先日グルメレポートをしてくれました。その日のサラダは春雨サラダ。中には娘の好物のコーンとトマトが入っていました。それを食べながら娘が一言。『ママ〜、トウモロコシがトマトのこと好きって言ってる…

結果よりも過程

昨日は2015年仕事はじめ。娘も10日ぶりに登園しました。想像に難くはないと思いますが、10日ぶりの登園はペースが乱れて大変です。冬休み中のんびりと過ごしていたこともあり、まず起きない(これはいつものことですが)。続いて朝ご飯がなかなか終わらない…

あいうえおかるた

娘へのお年玉として、おばあちゃん、おじいちゃんがかるたを買ってくれました。いもとようこあいうえおかるた ([かるた])作者: いもとようこ出版社/メーカー: 金の星社発売日: 2009/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る帰宅してからさっそく封を切…

子どもの成長を感じたお正月

2015年が始まりました。娘を家族に迎えてから3回目の年越しです。守る人ができるということは、心に大きな変化をもたらします。去年1年を振り返ってみても、最初に思うのは娘のこと、家族のこと。病気続きで苦しんだ2013年に比べ、昨年2014年は家族皆が元気…

電車移動時の工夫

年末年始、子どもを連れて出かける機会も増えますよね。我が家でも、何かと電車やバスに乗る機会が増えているような気がします。最近では、遠方へのお出かけでもベビーカーは使っていません。慣れてしまえばなんてことはない、ベビーカーがない方が案外ラク…

食事のしたくのお手伝い その後

娘が私と一緒にキッチンに立つようになり、1ヶ月以上が過ぎました。娘にできることは確実に増え、少しずつですが、戦力になりつつあります。先日も書きましたが、2歳でもできることは色々あります。食事のしたくのお手伝い - Natsu life 食事のしたくのお手…

バスや電車内でのおしゃべりマナーを教える

先日、娘と2人でバスを利用しました。ほんの数分の短い時間でしたが、おしゃべり魔の娘を黙らせるのは至難の技。そもそも、「バスや電車など公共の交通機関では静かにしなくてはいけない」というルールは、まだ彼女の中に定着していません。これまで、何度と…

家事や趣味「隙間時間」から「共有時間」に

先日、2歳半の娘をキッチンに迎え入れたことを書きました。食事のしたくのお手伝い - Natsu life 食事のしたくのお手伝い - Natsu life娘は驚くほどに台所仕事に興味を持っています。食材も調理器具も食器も、娘にとっては新しい発見の連続なのでしょう。そ…

食事のしたくのお手伝い

先日2歳半を迎えた娘は、少し前から急に料理に興味を持ち始めました。とにかくお手伝いがしたい、何かやってみたい、好奇心旺盛の彼女の心に火がつきました。 お手伝いのはじまり 最初はキュウリを洗うことから始めました。洗うと言っても、ひたすら水にあて…

イヤイヤ期に対する禁断の一言

またも使ってしまった禁断の技。イヤイヤ期の娘。普段はそれほどでもないのですが、火がつくとすごい。絶対にイヤ。あれもイヤ、これもイヤ、全部イヤ。 イライラから発した一言 昨日の朝のことです。登園前の忙しい中、着替えの時間になりました。登園に即…

ベビーカーをやめてみて思ったこと

娘はもうすぐ2歳半、ついにベビーカーとお別れするときがきたようです。通園時はすでにベビーカーは使わず、往復ともに徒歩で頑張るようになっていたのですが、出かけるときはベビーカーの方が安全なことも多く、なかなか手放せずにいました。しかし先日、ベ…

日本で育てるか海外で育てるか

今日気になった記事はこちら。村田マリがシンガポールに移住した理由とは?iemoをDeNAに売却し、ご自身もDeNAの執行役員に就任した村田マリ氏。母親であり起業家であり、すごい方ですね。美人ですし。現在はシンガポール在住です。このインタビュー記事では…

遊びを切り上げさせるための「あと2回」作戦

2歳児が無我夢中モードに入ってしまうと、もう何も聞く耳を持ちません。中断させるのは至難の業。育児をする親であれば、少なからず同じような経験はしているのではないかと思います。遊びから食事、いや、その前に片付けがありますが、片付け途中になぜか再…

道路で必ず手をつなぐために実践してきたこと

子どもの成長は早いもので、ヨチヨチ歩きを始めたと思ったら、あっという間にトコトコ、そしてチョロチョロ、気づけば追いかけるのも大変になってきます。気になるのは道路や駐車場を歩く時のこと。手をつながずに1人で行ってしまうと心配です。 手つなぎの…

乳幼児における食事環境の重要性

2歳を過ぎたころからだいぶ食べるのが上手になってきた娘ですが、それでもこぼしたりひっくり返したりは日常茶飯事。昨日も、お味噌汁の器がひっくり返り、中身はほぼすべて流出しました。慌てることなく冷静に対処したわけですが、それもこれも、今の食事環…

「繰り返し注意すること」の効果

育児をするようになり2年と少し。目を背けてはいられないのが躾(しつけ)です。しつけについては色々な考えがありますが、最近意識して実践しているのが「繰り返し注意すること」。悪いことをしたらガミガミと怒るのではなく、何がどう悪いかを説明し繰り返…

さかなつり遊び

娘と一緒に作った「さかなつり」おもちゃです。保育園での遊びを参考にしました。見ての通り作りは単純。厚紙に魚の絵を描いて切り抜き、口の位置にクリップをつけます。釣り竿は割り箸と凧糸、それに小さな磁石(100円ショップで調達)。厚紙を切り抜いて色…

本と子ども

今日、こんな記事を見かけました。“子どもを本好きにしたいなら、選ばせてはダメ!”「本好きな子」を育てるたった1つのコツ “子どもを本好きにしたいなら、選ばせてはダメ!”「本好きな子」を育てるたった1つのコツ|「自分から勉強する子」が育つお母さんの…

【書評】ママの心がふわりと軽くなる子育てサプリ

本書は、子供の「こころ」に注目した育児書です。日々の育児で遭遇する様々なトラブルに対して、子供たちはどう感じているのかを解説しながら、その対処方法が書かれています。 マンガ家松本ぷりっつのイラストも入っていて読みやすく、タイトル通り、育児に…

素直に謝れないのも成長の表れ

昨日、保育園で娘が友達に小さな怪我をさせてしまいました。怪我自体はとても小さく、気にすることではないと言われましたが(相手のお母さんにも確認しました)、問題はプロセスです。事の発端は、娘がおもちゃを少々振り回していたことにあるらしいのです…