Natsu life

娘・家族・仕事。大切なものをもっと大切にしたい。お母さんエンジニアの思うこと。

パン焼き必需品(きれいにきれるスライサーとガイドつきバターケース)


スポンサーリンク


最近ではホームベーカリーがある家庭も増えてきていますよね。我が家は今年の始めに念願かなって購入しました。

我が家の朝食はパン。タイマーを使って朝焼き上がるように設定してあります。焼きたてパンのおいしいこと、おいしいこと(実際には2日で食べきるため、本当に焼きたてを食べるのは1日おきですが)。

ただ、焼きたてパンの問題が一つ。とにかくきれいに切れない。

ホームベーカリーを買って最初にぶつかった壁がこれでした。

柔らかすぎて切れないのです。

これを解決すべくあれこれ探して見つけたのがこのアイテム。

ホームベーカリースライサー PS-955

ホームベーカリースライサー PS-955

問題は一気に解決しました。

パンを寝かしておいてスライスするため、本当に切りやすい。厚みも調節できます。

ふわふわのパンでも見事に切れます。切り口から湯気が出るような状態でも断面は滑らか。

同じシリーズで保存用のフードがついているものもあります。

そして、もう一つ欠かせない便利グッズがこのバターケース。

バターケース カッティングガイド付

バターケース カッティングガイド付

普段からマーガリンではなくバター(無塩)を使っています。パンを焼くときに使うのもパンに塗るのも同じバターです。

紙に包まれた状態のまま使っているとだんだんベタベタしてきてすごく嫌でした。そこで見つけたのがこのバターケース。

未使用の状態でバターをケースに移し、ガイドに沿って切ってしまいます。元々のバターのサイズ(厚み)にもよりますが、1切れが5グラム(200グラムのバターを使用)または4グラム弱(150グラムのバターを使用)にカットされるため、パンを焼くときにも計量が簡単。

もちろん、朝食時には一切れパンの上に乗せてるだけでOKです。

切るときに少々曲がったりするため完璧に5グラムずつに分けるというのはなかなか難しいですが、基本的に細かいことは気にしないので大満足な使い勝手です。

これからも、慌ただしい朝の時間を少しでも楽にできるグッズを探し求めていきたいものです。