読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natsu life

娘・家族・仕事。大切なものをもっと大切にしたい。お母さんエンジニアの思うこと。

カブからセロリ


スポンサーリンク


生えるわけないですが、カブからセロリが生えていると言い張る2歳半の我が娘。

昨日、夕飯のしたくをしているときのこと。

味噌汁に何を入れようかという話になったとき、カブがいいと言って冷蔵庫から取り出した娘。冷蔵庫に入れる段階で、葉は全て落として別々に保管しているため(その方が長持ちします)、娘が取り出したカブには葉がありませんでした。そのカブを洗いながら、ひとつの発見が。

f:id:natsun_happy:20141106163349j:plain

ママ、カブにセロリがくっついてるね?!?!

ざっくりと切り落とされたカブの葉の根元を見て、娘はセロリだと思ったようです。

確かに、言われてみればセロリの根元にとてもよく似ていますね。

f:id:natsun_happy:20141106164117j:plain:w250

だからといって、カブはカブ、セロリはセロリ。

どんなに似ていてもカブからセロリは生えない(セロリをカブに移植することはできない?)ことを理解させるためには、どう説明すればよかったのでしょうか。

今度、葉を落とす前の状態でカブを観察させてあげようと思います。

結局娘は納得しないまま、食卓にはカブの入ったお味噌汁が並んだのでした。

ちなみにカブの葉は、かつお節、ゴマと一緒にふりかけになりました。

それにしても、相変わらずの柔軟な発想。ときどき羨ましくなったりもします。