読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natsu life

娘・家族・仕事。大切なものをもっと大切にしたい。お母さんエンジニアの思うこと。

発熱のお供に


スポンサーリンク


今年もこの季節がやってきました。

4月に新しくこども園に入り、遅刻・欠席・呼び出しなしで秋まで来た娘ですが、ここにきていきなり大物にやられました。

昼間は熱も下がり元気になるのに、夜になると高熱と咳がひどく体力もだんだんと消耗していきました。

夜中の熱と咳。4日続けば大人もまいってきます。

高熱でただでさえ眠りが浅いのに、さらに咳で苦しくてすぐに起きてしまう。背中をさすったり抱っこしたりしていると、気づけばもう朝ですね・・・。私の睡眠時間も確実に奪われ、寝たのかよく分からない日々が続きました。

そんな中、熱の辛さを少しでも和らげるために我が家で使っているのがこちら。

本来は、ベビーカーやチャイルドシート用の保冷剤ですが、これが発熱したときにも便利。ベッドにおいてその上に子供を寝かせます。

手軽だし、カバーも洗えるし、子供が体調を崩してバタバタしているときには助かります。車やベビーカーを持っているのなら、用意しておいて損はなし。

そしてもうひとつ。備えておくと安心なのがこちらです。

使い捨ての手袋。去年、初めて娘がウイルス性胃腸炎にかかり、素手で処理をしたら見事に私も感染しました。それからは常に用意してあります。

発熱から始まる病気はたくさん。何が待ち受けているか分かりません。備えあれば憂いなしです。

この手袋、指で薬を塗る時などにも使えます。もちろん掃除などにも使えます。実は、コストパフォーマンスの良い一品なのかもしれません。

余談ですが、今回は気管支炎が疑われ、さらには肺炎の不安もあったため、レントゲンを撮りました。

一瞬とは言え私と離れドアも閉められてしまうので、泣くかなと思いきや、しっかりと先生の言うことを聞いて対応したようです。

終わってから娘が一言。

「ペネロペと一緒だね。」

そうだね、絵本でペネロペもレントゲンを撮っていたよね。こうして絵本から知識を得ていたのかと思ったら、なんだか感慨深いものがありました。

ペネロペがレントゲンを撮り、さらには入院、手術もするお話はこちら。読んでおいてよかった。。。

ペネロペしかけえほん (13) ペネロペ びょういんへいく (ペネロペしかけえほん 13)

ペネロペしかけえほん (13) ペネロペ びょういんへいく (ペネロペしかけえほん 13)

  • 作者: アン・グットマン,ゲオルグ・ハレンスレーベン,ひがしかずこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2014/03/10
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

とてもよくできた仕掛け絵本です。赤ちゃん向けではなく、動きもかなり工夫されていて、幼稚園児にぴったり。病院嫌いを克服するためにも一役買ってくれるかもしれません。