読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natsu life

娘・家族・仕事。大切なものをもっと大切にしたい。お母さんエンジニアの思うこと。

帰ってきた娘(独り寝は小学生になってから?)


スポンサーリンク


昨年のクリスマスを機にいきなり独り寝を始めた娘ですが、お正月休みも終わりしばらく経った頃、親のベッドに帰ってきました。おかえり、むすめ。そうだと思ったよ。

natsulife.hatenablog.com

独り寝を始めてから、落ち着かないのか毎晩トイレに起きるようになり(起こされるようになり)、最初はそのあとも自分の部屋に戻っていたのですが、ここで寝付くまで一緒にいなかったのが寂しかったよう。

それを訴えられ、まずはトイレのあと親のベッドに潜り込んでくるようになりました。ここからは早かった。若干体調を崩して鼻水が出始めた頃、「(具合が悪くなって)夜中に何かあったら困るから一応ママの隣にいるね」との理由で一緒に寝るようになりました。この理由付けには笑ってしまった。4歳にして自分の身を案じて「一応」の行動をとったようです。

数日後。「やっぱり自分のお部屋で寝るのは年少さんには早すぎるから、小学校2年生からにする」(1年生ではない!?)だそうです。

中途半端なトライは自立を遅らせたのかもしれません。。。まあ、まだまだ甘え盛りなのでいいでしょう。特に冬は一緒に寝た方が暖かいし。

幼稚園ではクラスを引っ張っていく存在だという娘(先生談)、家ではとことん甘えっ子でワガママです。みんなそんなもんだよね。