読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natsu life

娘・家族・仕事。大切なものをもっと大切にしたい。お母さんエンジニアの思うこと。

1学期を終えて

日記 保育園・幼稚園 思ったこと

先週、無事に幼稚園(認定こども園)の終業式を終えました。皆勤賞で1学期を乗り越えてくれた娘には感謝の気持ちでいっぱいです。

慣れない環境の中、本当によく頑張ったと思います。

急に昼寝がなくなり、体力勝負の3ヶ月になりました。また、幼稚園児(預かり保育なしで帰宅するいわゆる1号認定児)と自分(夜まで預かってもらう2号認定児)との環境の違いにも気がつき、一時期は、他の子と同様に早く迎えに来て欲しいと言って泣きました。

親としても、最初のうちは慣れることに必死でした。

元々が幼稚園型のこども園ということもあってか、幼稚園時間の過ごし方は、働く親、そうでない親、全く同じ扱いです。行事あり、面談あり、係あり。

このことを良いと思うか悪いと思うかは、人それぞれでしょう。

私としては、大変でもあるし会社にも迷惑をかけているのは間違いないのですが、この環境が気に入っています。

基本的に仕事が好きなので、ある程度の強制力がないと、ついつい子どものことは園任せになりがちに。どれだけ意識していても、受け入れ体制があれば、やはりそこに甘えてしまうものです。それを保育園時代の3年間で痛感していたので、今くらいの強制力の方がバランスが取れていると感じます。

そして、親の出番が増える分、1人ではこなしきれない。行事、面談、係、そして毎日の送り迎え、それぞれ夫と協力し、分担して挑んでいます。

そんなこんなで迎えた夏休み。

『夏休みは44個もお休みの日があるんだって』

担任の先生に教えてもらったことを、娘は私にそのまま伝えてくれました。そうか、44個か。数えてみたところ、終業式から始業式までは確かに44日ある。44日間、お母さんと一緒にのんびり過ごす子どもがいる中で、娘の最大連休は4日程度。

娘なりに状況を判断し、幼稚園(のクラス)には行かないけれど、預かり保育のための園舎には登園することを理解してくれています(幼稚園のクラスと過ごすスペースが分かれています)。

連休の数、親と過ごす時間、みなそれぞれに違うけれど、我が家なりの楽しみ方で、娘に充実した夏休みを過ごしてもらいたいなと思います。

時短調理の工夫

家事 料理

娘がこども園に通うようになり早くも2ヶ月が過ぎました。

昼寝がなくなったことで、夜の寝かしつけは格段に楽になったのですが、その一方で、体調管理の意味も込めて、できるだけ早めに寝かせるように気をつけています。

約2時間で、ご飯を作り、食べ(食べさせ)、お風呂に入って、寝る支度をし、ベッドまで連れて行きます。ご飯を作る以外の家事は全部後回し。

スムーズに事を進めるためには、ご飯の支度を20分ほどで済ませないといけない!盛り付けと配膳だけでも5分くらいはかかるので、残り15分。一瞬たりとも気が抜けない。

15分でまともな調理なんてできるわけもなく、おかずはできるだけ土日に作ってストックしています。しかし残念ながら、娘のおかわり攻撃により、このストックも週の半ばにはなくなってしまう。。あとは、娘が寝た後に翌日分のおかずを作ったり、ときにはお総菜を買ってきたりして乗り切っています。

平日に調理するにしても土日や平日の夜に作るとしても、できれば時間はかけたくない。そこでこの数ヶ月、時短調理の工夫をあれこれとしてきました。

その一部をご紹介します。

主に参考にしているのはこちらとクックパッド。

週末たった40分の下準備でOK!  毎日10分で晩ごはん

週末たった40分の下準備でOK! 毎日10分で晩ごはん

40分での準備も、10分での当日調理も、よほどの慣れがないとできない気はしますが(私は全くできず・・)、色々と参考になる点も多いです。献立を決めてすべて同じように準備しているわけではなく、レシピ単位で参考にしています。

クックパッドには、『常備菜』や『作り置き』、『保存』などのキーワードを入れると、作り置きしやすいレシピが出てきます。ただしクックパッドの場合、保存可能な期間や保存方法など、投稿者の感覚で記載されていることがほとんどなので、本当に大丈夫かは自分で判断した方がいいかもしれません。

例えば、よく使うのがこちら。

cookpad.com

週末に作って冷凍しておきます。味が濃いめなので、少なめの水で煮た野菜の中に直接このそぼろを入れ、片栗粉でとろみを出せばあんかけのできあがり。

さて、ここで問題になるのは野菜です。

調理で手間がかかると言えば、野菜を洗う、そして切る作業。

そぼろを作って準備しておいたところで、ニンジン、里芋、大根、タマネギ・・・・・、野菜の泥を落として洗って切って、、、なんて作業をしていたら、あっという間に時間が経つものです。

そこで最近活用しているのが、カット野菜の宅配サービス。イエコックというこのサービスは、もはや救世主!!

新鮮なカット野菜の宅配・通販ならイエコック

実は食材にはちょっとしたこだわりがあり、娘が3歳半になるくらいまでは、野菜は泥付き無農薬のものを中心に食べさせてきました。主にらでぃっしゅぼーやなどの宅配サービスを使っていたのですが、フリーランス卒業とともにこちらも卒業。

時間的な制約が増えたので、家にいる時間はできるだけ娘と向き合えるよう、家事を徹底的に簡略化しました。そのとき見つけたのがイエコック。カット野菜、しかも、生かスチームかを選べます。これ、本当に便利です。

特に里芋、ゴボウ、長いも、カボチャなどは、自分でカットするより格段に早い!

スチームされた里芋とニンジンの封を切って鍋にいれ、ひたひたの水を足したら先ほどの冷凍そぼろを追加。火にかけて片栗粉でとろみを付ける、ここまでほんの数分です。

生のゴボウとニンジンをフライパンで炒めてきんぴらにするのも簡単。

野菜の種類もそれなりに充実しており、産地などもきちんと明記されています。カットの方法(切り方や大きさ)も選べます。おまかせパックだと、何種類かの野菜がセットになって毎週指定した曜日に届きます。おまかせパックの中身を変更することも可能です。

配送はクロネコヤマトのクール便なので、時間指定もできて受け取りやすい。ここがコープなどの専用トラックによる宅配サービスとの違いですね。

もちろん、普通に野菜を買うことを考えたら割高感は否めませんが、時短調理のためには欠かせないサービスです。


しかし、救世主の出現をもってしても現実はそう甘くなく、やはりごはんの支度は大変。週末を楽しく遊んで過ごしてしまったあとの1週間は、毎晩が戦いです(今週がその状態)。これからも、頼れるものには頼り、ほどよく手抜きをして、毎日笑顔でいられるように頑張っていきたいものです。

育児における「立ち直る力」

思ったこと 育児

Facebookのシェリル・サンドバーグCOOが、カリフォルニア大学の卒業式で語ったという、夫の死から得た立ち直るために避けるべきことに、強く共感しました。

www.buzzfeed.com

最愛の人を突然失うその悲しみを、幸いにも私はまだ知りません。その悲しみに比べたら、ほんの小さな小さなものですが、私にも去年『立ち直る』ことに苦戦したあるひとつの出来事がありました。

詳細は割愛しますが、きっかけは娘の怪我。運悪く夫は出張で不在、救急車を呼びどうにか対処したものの、医師のちょっとした心無い一言で気持ちが大きく崩れました。

仕事が手につかなくなり、ふとすると自分を責めている。ごめんね、ごめんねという私の気持ちは娘に伝播し、娘もまた自分が不幸だと思い込んでしまっていたと思うのです。

実際には、怪我はそれほど大きなものではなく、誰が悪かったわけでもない。

でも、一度歯車が噛み合わなくなると、気持ちの落としどころが見つからなくなりどんどん負の連鎖が始まりました。

冒頭で紹介した記事に、悲しみから立ち直ろうとするとき避けるべき3つの『P』が紹介されていました。

「自分のせいだと思うこと(Personalization)」
「人生全てに影響すると思ってしまうこと( Pervasiveness)」
「永遠に続くと思うこと(Permanence)」

最愛の人の死からも立ち直る力。全米トップエリートがバークレーの卒業式で語ったこと

これを読んだとき、私と娘が負のループに陥った原因もここにあったのだと思いました。

私は自分を責めました。娘は勝手に転倒しただけですが、それでも色々と理由を探しては自分のせいだと思ってしまっていました。病院でひとつの判断を求められた時、選んだ道が間違っていたのではないかという思いから解放されずにいました。

その自分の判断のせいで、娘の人生を負の方向に大きく引っ張ってしまったという思考に陥りました。

そして始まった負のループ。終わりがないように思いました。急に始まった保育園での大泣き、3歳半を過ぎて戻ってきた夜泣きや後追いのような状況。私がトイレに行くだけで涙をボロボロこぼして泣く娘。

私が落ち込めば娘はより不安定になり、さらに育児のストレスも増える。その状況にイライラし自己嫌悪。育児における典型的な負のループです。

立ち直るにいたったきっかけは、人と話すことでした。話して、話して、話して、少しずつ気持ちが整理できました。3つの『P』が少しずつ解消していったのです。

もちろん、シェリル・サンドバーグ氏の悲しみに比べたら本当にちっぽけな話です。

でも、立ち直るために避けるべき3つの『P』は、悲しみの大きさに関係なく有効でしょう。そして、悲しみ以外の負の感情にも有効だと思うのです。

きれい事だけではやっていけないのが育児。時には子供相手に声を荒げてしまうこともあります。そして大抵は、あとから自己嫌悪に陥るのです。でも、自分だけが悪いわけではない。環境の影響もあるかもしれないし、子供にだって悪いところがあったかもしれない。そう思ったら、少しは気楽になるものです(Personalization)。

子供と向きあっていくということは、決断の連続です。「母乳かミルクか?」に始まり、「離乳食はいつから?」「保育園には預ける?」「習いごとはどうしよう?」「公立?私立?」選択と決断は、いつまでも続きます。

選択を間違ったかもしれないと思ったとしても、その選択が、子供の人生すべてを決めてしまうわけでは決してないのです。間違えたかどうかを問うよりも、自分と子供が選んだ道を確実に歩んでいきたいものです(Pervasiveness)

そして最後は何事も永遠には続かないということ。夜中の授乳や夜泣き、正直言って眠いです。イヤイヤ期、正直言って辛いです。でも、子供は成長していきます。育児の課題は次から次へと押し寄せてきますが、解決策を見つける前に、子供がその問題から卒業してくれることも少なくありません(Permanence)。

こうやって考えてみると、「悲しみ」という感情に限らず、育児における負の感情から立ち直るために、この3つの『P』を意識することは本当に大事な気がします。

まだまだ、育児歴4年。これから娘は精神的にも大きく成長し、より難しい問題にぶつかっていくでしょう。

でも、お互いが不必要に苦しまないように、3つの『P』を意識していきたものです。

入園式を終えて

思ったこと 保育園・幼稚園 育児

今日、娘の入園式を終えました。昨日の夜までは、3年間通った保育園のお世話になり、間髪入れずの入園式。準備含めて本当に大変でしたが、どうにか無事に園生活をスタートさせらそうでほっとしています。

ちょうど半年ほど前に色々とあり、娘の幼稚園進級(脱保育園)と、自分の会社員復帰(脱フリーランス)を決めました。そんなわけでこの数ヶ月、親子共に変化が半端なくクタクタです。でも今日の入園式を終えて、私には幼稚園という選択があっていたと感じました。娘をそこに通わせたいというのはもちろんのこと、自分が属するコミュニティという観点からも、これでよかったと(少なくとも今の時点では)思っています。

幼稚園とは言っても認定こども園なので、子どもの預かり時間は約束されています。ただ、お昼過ぎまでは普通の幼稚園児として過ごすため、園生活の準備(袋物作りなど)や親が参加する行事など負担は満載。

特に平日の行事への参加は会社にも迷惑をかけるし、それなりの覚悟が必要ですね。

でも、今日の娘の姿を見ていたら、なんだか思考が一気に整理されました。絶対泣くと思っていた娘は、案の定式が始まっても園児の席には座れず。でも、最後は不安な顔をしながらも先生に連れられて行きました。いつ泣くか、いつ泣くかとハラハラドキドキしていたのは親だけで、本人は最後までやりきりました。

そして、式を終えたあとの娘は、本当にひとまわりもふたまわりも逞しくなっていました。表情も違えば、行動も違う。これは今まで以上にちゃんと見ていないと、わが子の成長を見逃してしまうなと感じました。

これまでの経験上、保育園だときっと私は甘えてしまう。甘えて保育園まかせになり、大事な成長を見逃してしまう。

保育園の目的はあくまでも保育です。親の仕事により保育に欠ける子どもを、その時間親に代わって保育してくれるのが保育園です。なので、これまでの3年間は本当に甘えっぱなしでした。甘えっぱなしが許される環境にあると思うのです。

でも、幼稚園の目的は教育です。保育は親がやって当たり前という雰囲気が充満しています。だから、子どもの世話が必要なときは親が出てきてサポートをするのは当たり前。年間行事の係をクラスの保護者で分担したり、子どものために必要な用品を作ったり。

これって、仕事を持っていると本当に大変なことです。でも、娘の幼稚園時代は今しかなく、そして私が幼稚園児の母であるのも今だけなので、この時間は本当に貴重だなと思いました。大変だから他人に任せるのではなくて、大変でもできる方法を見つけていきたいなと。もちろん、すべてを1人でこなすなんてできないので、周りの人の力を借りて、幼稚園の力を借りて、ときには親の力を借りて(遠方なので話しを聞いてもらうくらいですが。でもこれがすごく重要!)。

保育園だったらきっと、小学生になるまでの次の3年間もまたたっぷり甘えてしまうと思うのです。でも、幼稚園だと甘えようがない。強制的に子どものサポートをせざるを得ないのです。

幼稚園がいいとか保育園がいいとか、そういう論点ではありません。

単に性格の問題です。私の場合、子どものことを任せられる環境があればそこに甘えて、自分は仕事にばかり目を向けてしまう。これまでの3年間が結果的にはそうだったように思います。

それでいて、自分の中でそんな自分にちょっと苛立ちを覚えることもあります。このままでいいのかなと悩んでみたり、仕事ばかりでごめんねごめんねと思ってみたり。色々矛盾しているのですが、それが人のココロということですね・・・。

そして、今日の数時間で大きく成長したなと感じたように、これからもどんどん成長していくであろう娘の変化も、保育園に甘えていたらきっと私は見逃してしまう。

だからこそ、ある程度強制的に子どものサポートを課せられる幼稚園という環境が、自分にはあっているなと感じました。そして、それを通じて他の保護者の方々との接点が自然にできるこの環境が。

会社には迷惑をかけることになると思います。でも、その中でも最善を尽くせるようにやり方を工夫していくしかない。そう思うのです。

地味ですが、まずは子どもの健康管理を徹底することから始めます。行事などで会社を休まざるを得ない分、病気で休まないようにするしかない。健康管理を徹底してできるだけ病欠をなくせば、その分心置きなく行事や係に参加できます。

ありがたいことに、今の会社はとても理解があります。だからこそやっていけるという話でもあるのですが、その環境に感謝しつつ、今の気持ちを忘れずにこれからの3年間を楽しんでいきたいと思っています。

もちろん仕事の手を抜くつもりは全くなく、単にやり方の問題です。育児(介護もきっと同じような状況)のせいで時間的制約があったとしても、制約がない場合と同じだけの成果が出せるようなやり方を見つけていくべきだと思うのです。そうすれば、娘も自分も、そして会社もハッピーになれるのではないかなと。

実は、1年くらい前までは幼稚園など全く考える余地もなく、絶対に保育園だと思っていました。係とか保護者間のつながりとか行事とか、すべてがあり得ないと思っていました。それが今、180度思考が変化し、ここに至ります。変化のきっかけは色々とあったのですが、固定観念を持たずこの環境に飛び込んでみてよかったなと、今は心から思います。

そうは言っても、完全給食の認定こども園だから、やはり本当の幼稚園とは違います。あくまでも私の性格と、娘が通う園と、そして私たち家族を取り巻く環境の中で感じた、私の個人的な思いですので悪しからず。

まとまり悪いですが、今日の娘の変化を見て色々と感じたので、ここに残すことにしました。きっと、会社員+幼稚園は楽しいことばかりではなく、八方ふさがりみたいな状況になることもあると思います。そのときに、これを読んで今日の気持ちを思い出せるように、未来の自分に向けての覚え書きです。

入園準備にも便利な自作ワッペン

グッズ 手作り 保育園・幼稚園

娘が4月からこども園へ転園します。

その関係で、いわゆる入園準備グッズを作っています。バッグやら上履き入れやら。あれやら、これやら。

あれこれ作っていく中で、ワッペンなどを付ける作業が出てきます。

子供たちは文字が読めないことが前提となっているので、名前を書くだけでは足りない。自分の持ち物を区別できるように、ワッペンをつけてあげましょうという園の計らいです。

ただこのワッペンが結構いいお値段する上に、市販品を使う以上、結局のところ同じものになる可能性があるのも事実。

そこで登場するのが、こちらのアイロン接着シート。

Clover アイロン接着シート

Clover アイロン接着シート

アイロン接着で、簡単にワッペンを自作できる優れもの。

柄物の生地で袋物などを作ったら、そのハギレが活躍します。程よいサイズのイラスト部分を活用し、オリジナルワッペンの完成。

オリジナルであるだけでなく、袋物と柄が揃うことで間違えにくい、まさに一石二鳥です。

名札用のワッペンを自作するのも簡単です。

写真左にあるように、シートのオモテ面に好きな生地を接着したら、ウラ面のハク離紙に裁断用の線を引きます。これに合わせてシートごと生地をカットすれば、ワッペンの出来上がり。

写真右上のように、名前を書くためのテープ(これもアイロン接着)を上から軽く押さえつけておけば名札用ワッペンの完成(このときアイロンの熱を加えすぎるとワッペン側のハク離紙がはがせなくなるため注意)。

使用時には、ウラ面のハク離紙(線を引いた面)を剥がしてアイロンで接着します。

タオルにはフックに掛けるための紐をつけるのですが、同時に名札もつけたいなと思い自作しました。先に紐を縫いつけて、その上にワッペンを接着します。

さすがにタオル地の場合、アイロン接着だけでは不十分なのでミシンをかけていますが、先にアイロン接着シートで位置を固定しているため、かなり綺麗に仕上がります。

そして何より、綿のハギレでワッペンを自作しようとしたら、この接着シートがないと周囲がほつれてきます。これを防ぐためには、わざわざ周りを折り込んで縫い止めるわけですが、この手間は半端ない。

ワッペン作成用のアイロン接着シートで、裁縫がまた楽しくなりました。

変化の大きい2016年

未分類

昨年の秋頃から色々と変化があり、しばらくブログの更新ができずにいましたがまた再開します。

私にとっての大きな変化。フリーランスを卒業し、9年ぶりに会社員になりました。
娘にとっての大きな変化。4月からの転園(こちらはまだ変化していませんが)。今の保育園が2歳児クラスまでしかないため持ち上がりできません。4月からは認定こども園への入園が決まりました。

私の転職(就職?)により、保育園のお迎え時間が遅くなりました。3年通って慣れ親しんでいる保育園なので、遅くなること自体は何とも思っていないようですが(迎えに行っても遊び続けていますし・・・)、物理的に時間がかなり制約されるようになりました。帰宅からベッドに入るまで2時間。工夫どころ満載です。

そんな新しいペースにもようやく慣れてきたところです。
そして会社員に戻り、育児×会社員のことについても色々と思うこともあります。

これらのことはまた改めて記事にします。

それよりも、入園準備を進めなくては・・・。

子ども包丁との出会い

育児 グッズ

娘が3歳半を過ぎ、いよいよ包丁に興味を持つようになりました。遠ざけていても仕方ない。覚悟を決めて、いざチャレンジ。

小さければ安全か?

とは言え、やはり勇気がいるものですね。最初は自宅にあった1番小さい果物ナイフを渡しました。刃渡ほんの数センチ、小さな小さなナイフです。それで、キュウリを切ることから始めました。

何となく、小さい方が安心感があったのです。安全かどうかなんてよく分からないけれど、大きいよりは小さくて軽い方がいいだろうと。

万が一のことを考えて、しっかり研いでから渡しました。もし怪我をしてしまうなら、切り口はきれいな方がいいから。

そして、ヒヤヒヤしながらも娘に何度か使わせてみて分かったこと。

小さければいいというものではない。むしろ、小さいが故に危ないことが多々ありました。

じっくりと娘の手元を観察していて分かったこと。

  • うまく切れないと、ナイフを横にむりやり動かそうとする。
  • 夢中になると握る位置が前に前にといってしまう。

ここに、危ないポイントが2つ。まず、力任せにキュウリをへし折ろうとするのは言語道断。はずみでナイフがどんな動きをするか分からないので、これは最も危ないと感じました。実は、切れない理由はナイフにあったのです。ナイフの形が良くなかった。

刃に高さがなく、握った状態で刃全体がまな板に接地しません。自分の握り拳が邪魔になり最後まで切れないのです。そして、あらぬ方向に無理な力をかけてしまう。これが、最初に直面した問題でした。

そして、この「刃の低さ」には、もうひとつ問題がありました。ナイフを握る位置です。夢中になると、握り直したりして試行錯誤をするわけですが、そのとき、刃に高さがないと、刃の部分まで握りそうになります。これにもまた、ヒヤッと背筋が寒くなりました。

素敵な子ども包丁との出会い

そんなわけで、このまま果物ナイフを使うのはかなり危険だと感じ、急いで子ども包丁を探しました。

子ども包丁と言っても様々です。その多くは、食事のときに使うナイフのように刃がギザギザしていて刃先が丸くなっているものが多いように感じます。

しかし、切れにくければ諦めるわけではなく、切れにくければ無理矢理にでも切ろうとする我が娘。それは最初の果物ナイフ期間に痛感したため、とにかく切れる包丁を探しました。スッと切れれば、大きな怪我にはならないはず、、、と信じて。

そこで出会ったのがこちらの包丁。

台所育児 包丁 小 カバー付き DI-54

台所育児 包丁 小 カバー付き DI-54

説明には「3歳以下におすすめです。」と書いてありますが、3歳半の娘の手には十分なじんでいますし、まだしばらくは使えそうです。切れ味も抜群。

刃の高さが確保されているため、子どもが握った状態で包丁がきちんと接地します。また、刃がほとんど婉曲していないため、接地する範囲が広いのもポイントです(先端の方まで接地します)。これで、最後までしっかりと切ることができるようになりました。

また、うっかり刃の位置を握りそうになる問題からも解放されました。持ち手と刃のつなぎ目がはっきりと区切られていて、刃の方に手がいってしまうことがないようになっています。

さらに、重心が刃の方に寄っているようで(amazon.co.jpの説明より)、その効果があってなのか確かに切りやすそうです。まだまだ力が弱く、また力加減も分かっていないため、どうしても刃の先端が上がり気味になります。でも、あがっているよと声をかけてあげると自分で修正できるのは、考えられた重心のおかげなのかもしれません(他の包丁と比べていないので、実際のところは分かりません)。

この包丁、本当に買ってよかったです。

調理環境の整備

狭いところで作業をするのは危ないので、娘が包丁を使うようになったことをきっかけにキッチンを片付けました。娘のためのスペースを確保し、小さな木のまな板を置いています。まな板の下に、濡らした布巾を敷くと動かなくて安全です。

包丁を使わないときは、まな板の上ではなく、まな板の奥側に置くようにしています。ちょうど、布巾の上にまな板(手前)と包丁(奥)を置いている感じです。これなら包丁も滑らないし、手前に落ちてくる心配もないし(まな板が防御壁になっています)見ていて安心感があります。

濡らした布巾はかなり重要です。ここに行き着くまではまな板が滑ったりして少し危なっかしさがありました。布巾を敷いたら一気に安定しました。

これまでに娘がチャレンジしたのは、きゅうりの輪切り、大根(私が薄切りにしたものをいちょう切り・短冊切りにする)、しいたけ、シメジ・エノキの石づき落としくらいですが、少しずつ上達してきました。

初めての・・・

それは、しいたけを4分割しているときのことでした。

調子に乗った矢先、ついに。

側で見ていた私には触れたかどうかはっきりと分からないくらい、ほんの少しだけ包丁が左手の人差し指に擦りました。出血もなかったので、こちらも様子を見ることに。

無言で私を見る娘。

「・・・・・」

「なあに?」

「・・・・・」

怒られると思ったのか、びっくりして声も出なかったのか、とにかくジーッと私の方を見ていたので、

「まずは包丁をおいてごらん」とアドバイス。

包丁が手から離れたら、だんだんと顔が歪んできて泣き出しました。

出血もなく皮が少しめくれただけで、怪我とは言えないくらい小さいかすり傷で済みましたが、娘にとっては初めての包丁による怪我。これまで、何度も「刃物は危ない」と教えてきましたが、百聞は一見にしかず。娘は、刃物の危険性を経験を通して理解しました。

それからしばらくは「今日はお手伝いやらない」と敬遠気味です。現在進行系なので、いつ頃どのような形でまたキッチンに戻ってきてくれるかは分かりません。でも、いつ娘が戻ってきてもいいように、娘の調理スペースはいつも片付けて待っています。

親としては、小さな怪我をたくさんして、大事なことを少しずつ覚えていって欲しいと思います。刃物は危ないけれど、正しく使えば怖くないんだということを、これからも伝えていきたいものです。

こんな本もあります。ずいぶん前に読んだのだけど、改めてもう一度読み返してみようと思う今日この頃です。

坂本廣子の台所育児―一歳から包丁を

坂本廣子の台所育児―一歳から包丁を